ログイン
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2017
429日()

ログイン
Myページ
MENU

地域づくり表彰 俳句甲子園に推進協会長賞

2016年11月26日(土)(愛媛新聞)

全国地域づくり推進協議会会長賞の表彰を受けたNPO法人俳句甲子園実行委員会の日野裕士実行委員長(左)=25日午後、東京・霞が関

全国地域づくり推進協議会会長賞の表彰を受けたNPO法人俳句甲子園実行委員会の日野裕士実行委員長(左)=25日午後、東京・霞が関

 創意工夫を生かした個性的な地域づくり活動を顕彰する2016年度「地域づくり表彰」(国土交通省など主催)受賞6団体による交流会議が25日、東京・霞が関であった。受賞団体の中から選ぶ各賞の発表もあり、NPO法人俳句甲子園実行委員会(松山市)が「全国地域づくり推進協議会会長賞」に選ばれた。

 全国の高校生が5対5のチーム戦で、俳句の出来栄えや鑑賞力を競う俳句甲子園は1998年から松山市で開催。新たな文化事業を通じたにぎわい創出や市の魅力を高めている点などが評価され、審査会委員からは「俳句という文化や庶民性、高校生の大会を一緒にしており斬新だ」などと講評を受けた。

 各団体による事例発表では、第19回大会実行委員長の日野裕士さん(47)が大街道商店街で行った大会の様子などを説明。「商店街の全面的な協力もあり、夏の風物として確立できた。100年続く大会を目指し成長を続けたい」と目標を語った。

 大賞にあたる国土交通大臣賞は、町の複合施設を活用した地域振興などを行うプロジェクトおおわに事業協同組合(青森県大鰐町)が受賞した。

 

この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

おすすめ記事

<プレスリリース>一覧

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。