ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
1120日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

秋季四国高校野球 決勝

【明徳義塾 11-2 帝京第五】帝京第五、力負け準V

2016年10月31日(月)(愛媛新聞)

【帝京第五―明徳義塾】四国大会初優勝を逃し、ベンチに引き揚げる帝京第五ナイン=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―明徳義塾】四国大会初優勝を逃し、ベンチに引き揚げる帝京第五ナイン=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―明徳義塾】9回裏帝京第五2死満塁、藤井が右前適時打を放ち、1―11とする=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―明徳義塾】9回裏帝京第五2死満塁、藤井が右前適時打を放ち、1―11とする=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―明徳義塾】四国大会初優勝を逃し、ベンチに引き揚げる帝京第五ナイン=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―明徳義塾】四国大会初優勝を逃し、ベンチに引き揚げる帝京第五ナイン=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―明徳義塾】9回裏帝京第五2死満塁、藤井が右前適時打を放ち、1―11とする=坊っちゃんスタジアム

【帝京第五―明徳義塾】9回裏帝京第五2死満塁、藤井が右前適時打を放ち、1―11とする=坊っちゃんスタジアム

 愛媛国体のリハーサル大会を兼ねた秋季四国地区高校野球大会最終日は30日、坊っちゃんスタジアムで決勝を行い、愛媛2位の帝京第五は明徳義塾(高知2位)に2―11で敗れ、初優勝はならなかった。明徳義塾は6年ぶり8度目の優勝。

 帝京第五は初回に6失点すると、その後も得点を奪われた。打線も8回まで8四球を選びながら散発2安打で無得点。9回に2点を返したが及ばなかった。

 

【坊っちゃんスタジアム】

 ▽決勝(9時59分)

123456789
明徳義塾60110100211
帝京第五0000000022

▽二塁打 久後、谷合、今井

▽犠打 明5(今井、北本3、久後)帝1(宮下)

▽盗塁 明1(中坪)帝0

▽失策 明0、帝2(川本、篠崎)

▽暴投 高橋一

▽球審 浜田

▽塁審 高木、岡田、亀田

▽試合時間 2時間21分

 【評】帝京第五は序盤の大量失点が響いた。初回、先発岡元が2四球に失策も絡み1死満塁とされると、3連打を浴びて5失点。リリーフした高橋一も適時打を打たれ計6点を失った。四回から登板した佐藤も7四死球と制球に苦しみ4失点した。

 打線は六回まで毎回、四球でランナーを出したものの明徳義塾の先発北本を攻略できず、八回まで散発2安打に抑えられた。九回に相手の2番手投手を攻め、今田、川本の安打などで2死満塁とし、藤井、宮下の連打で2点を返したが、反撃が遅かった。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。