ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2018
926日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

[秋季高校野球大会四国地区大会]第2日 準々決勝

【高松商 0-7 帝京第五】帝京第五が主導権 高松商から着々7点

2016年10月24日(月)(愛媛新聞)

【坊っちゃんスタジアム】

▽準々決勝(11時59分)

123456789
高松商000000000
帝京第五21001111x7

(八回コールドゲーム)

▽二塁打 篠崎、藤井

▽犠打 高2(篠宮、松岡)帝4(藤井、川本2、岡元)

▽盗塁 高0、帝1(今田)

▽失策 高0、帝0

▽暴投 松岡

▽ボーク 真鍋

▽守備妨害 藤井(植田)

▽球審 佐古

▽塁審 亀田、桝田、杉長

▽試合時間 1時間52分

【高松商―帝京第五】1回裏帝京第五2死一、二塁、今田が左前に適時打を放ち、2―0とする=坊っちゃんスタジアム

【高松商―帝京第五】1回裏帝京第五2死一、二塁、今田が左前に適時打を放ち、2―0とする=坊っちゃんスタジアム

【高松商―帝京第五】1回裏帝京第五2死一、二塁、今田が左前に適時打を放ち、2―0とする=坊っちゃんスタジアム

【高松商―帝京第五】1回裏帝京第五2死一、二塁、今田が左前に適時打を放ち、2―0とする=坊っちゃんスタジアム

 【評】帝京第五が序盤から得点を重ね、八回コールド勝ちした。

 0―0の一回、藤井が四球で出塁し、2死三塁から篠崎の左越え二塁打で先制。今田にも適時打が出て2点をリードした。二回以降も四死球からチャンスを広げ、八回までに計7点を奪った。

 先発岡元は一回、3四球を与え、2死満塁のピンチを招いたが、後続を内野ゴロに打ち取った。二回以降は制球力を取り戻し、要所を締めて相手打線に得点を許さなかった。

    おすすめ記事

    発信!高校生記者

    連載

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。