愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2011年9月
体裁
A5判 上製本 596ページ
ISBN
978-4-86087-099-7

在庫なし

えひめ発 百年の俳句<郷土俳人シリーズ> 芝不器男・富澤赤黄男 人と作品

愛媛新聞サービスセンター(編)

価格: 4,000+税

南予が生んだ2人の俳人の生涯と珠玉作品を網羅した1冊

若くして俳壇の注目を浴び〝天才〟とうたわれながら、26歳で夭折した芝不器男(松野町出身)。そして、新興俳句の旗手として、モダニズム俳句の新境地を開拓した富澤赤黄男(八幡浜市出身)。南予が生んだ2人の俳人の生涯と珠玉作品を網羅した1冊です。

頭では、故郷・愛媛を想起させる句の中から、それぞれ25句を精選し、美しいカラー写真などを織り込みながら紹介。さらに、詩人・堀内統義氏と歌人・高野公彦氏が書き下ろした「不器男評伝」「赤黄男評伝」を収録しています。また、2人の代表的な句50句ずつの鑑賞文や、それぞれの全作品から150句ずつを選りすぐった作品集を掲載。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2011年9月
体裁
A5判 上製本 596ページ
ISBN
978-4-86087-099-7