愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞サービスセンター
刊行日
2010年9月
体裁
A5判 186ページ
ISBN
978-4-86087-087-4

在庫あり

加藤嘉明と松山城

日下部正盛(著)

価格: 1,200+税

沈勇の士、これにあり―

初代松山藩主の生涯

冷静沈着かつ勇猛果敢な武将として知られ、“沈勇の士”とうたわれた戦国武将・加藤嘉明。転戦に明け暮れ、“賤ヶ岳七本槍”に数えられるほどの武勲を立てた一方、初代伊予松山藩主として松山城を築城し、城下町を建設するなど優秀な政治手腕も持ち合わせていました。

 馬子の身から一国一城の主まで上り詰め、県都・松山の礎を築いた智将の、激動の生涯をつづります。

出版社
愛媛新聞サービスセンター
刊行日
2010年9月
体裁
A5判 186ページ
ISBN
978-4-86087-087-4

注文する