愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2005年12月
体裁
四六判 290ページ
ISBN
978-4-86087-046-1

在庫なし

冬のすずめたち 児童養護施設あすなろ学園の50年

梶原淳一(編著)

価格: 1,600+税

創造表現教育の実践――

心に響く子どもたちの詩作品

終戦直後、戦災引き揚げ孤児救済事業から児童養護の歴史を重ねる今治市の「あすなろ学園」。親を亡くし、親に遺棄され、そして現在では、親からの虐待を避けるために施設入所を余儀なくされている子どもたち、幼児から高校生まで50人が生活する。

学園では、詩作・絵画制作を通じた心の教育、「創造表現教育」が続けられ、学園で暮らす子どもたちは、心の安らぎの手掛かりを求めて創作に励む。

本書は、法人化から50年を迎えた学園の歴史と子どもたちの詩作品、さらに愛媛の児童養護の歴史と現状などを、同学園長の梶原淳一氏が編集、構成。

子どもたちの詩の1点1点が私たちの心に響く1冊。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2005年12月
体裁
四六判 290ページ
ISBN
978-4-86087-046-1