愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞メディアセンター
刊行日
2005年11月
体裁
A5判 228ページ
ISBN
978-4-86087-042-3

在庫あり

ゾウと生きる森

大西信吾(写真・著)

価格: 1,800+税

ミャンマーの森に

働くゾウを見つけた……

第2回ふるさと自費出版大賞(全国新聞社出版協議会主催)大賞受賞!

ドキュメントと美しい写真の数々は

現代文明への警鐘

ミャンマーの森深く、今でもアジアゾウを操り、林業にいそしむ民。自然の回復力の範囲で木材を伐採します。ゾウはブルドーザー役であり、4輪駆動車であり、木や竹を食べてフンをする行動は、植生の「お医者さん」役。森の民は、家畜でもないゾウをどう手なづけ、共に生きるのか? 著者はミャンマーの奥地で、「働くゾウ」を記録してきた。ドキュメントと美しい写真の数々は、現代文明への警鐘である。

出版社
愛媛新聞メディアセンター
刊行日
2005年11月
体裁
A5判 228ページ
ISBN
978-4-86087-042-3

注文する