愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2005年4月
体裁
A5判変型 140ページ オールカラー
ISBN
978-4-86087-032-4

在庫なし

となりのピカソ 第2版

辛淑玉(文)、武田直(写真)

価格: 1,600+税

辛淑玉書き下ろし

知的障害児(者)たちとの心の交流をつづる

松山市のNPO法人「アトリエ素心居」に集う障害を持つ子どもたちの創作活動(絵画・陶芸など)を縦糸に、著者がかかわった知的障害児(者)とその家族、周囲の人々の物語を横糸として構成。

絵画と陶芸は、愛媛在住の写真家・武田直氏の撮影によって、美しい作品集に仕上げられ、そのひとつひとつが子どもたちのメッセージを伝える。巻末には「ハンディを持つ子どもたちと」と題した、家族と周囲の対処法が添えられている。

著者は、全編を通して「弱者に優しい社会は、強者にとっても優しい社会なのだ。そして、手を取り合ってこそ人間なのだ」と、強く訴え掛ける。

《タレント 永六輔氏の賛辞》

 楽しくなければ平和じゃない。

 平和じゃなければ楽しくない。

 辛淑玉さんは歩くゲルニカです。

 お向うのピカソです。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2005年4月
体裁
A5判変型 140ページ オールカラー
ISBN
978-4-86087-032-4