愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2004年3月
体裁
四六判 274ページ
ISBN
978-4-86087-015-7

在庫なし

在日 日韓朝の狭間に生きる

愛媛新聞 在日取材班

価格: 1,333+税

第8回新聞労連ジャーナリスト大賞受賞

愛媛新聞連載の「在日」、待望の出版化

2003年2月から同12月まで愛媛新聞に連載、第8回新聞労連ジャーナリスト大賞を受賞した「在日―負の遺産・人権編」を出版化。戦前・戦後期を経て、時とともに潜在化した差別が、日本人拉致事件を発端に一気に噴出した。異様なまでの差別意識が渦巻く日本社会。その中に生きる在日コリアンの視点から、日本のひずみと問題点を描き出す。日本、韓国、北朝鮮。3つの国家の狭間で翻ろうされる1世の苦難の歴史から、3、4世の若者たちの意識まで、世代を超えた苦悩と思いを伝え、ともに生きる明日を模索する。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2004年3月
体裁
四六判 274ページ
ISBN
978-4-86087-015-7