愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2004年2月
体裁
B6判 304ページ
ISBN
978-4-86087-014-0

在庫あり

新編 子規門下の人々

阿部里雪(著)

価格: 1,600+税

正岡子規の門下生との交流を描いた

阿部里雪の幻の名著を新編集で復刻

昭和36年6月、愛媛タイムス社から発刊された「子規門下の人々」を新たに編集。

「人間山脈」と呼ばれ、多くの文人墨客がその下に集った子規。新聞記者だった著者は、松山の新聞社時代、そして東京の出版社時代にその門下生たちと深い交流を持ち、伯方町に帰郷してからその思い出を1冊の本にまとめた。高浜虚子、河東碧梧桐ら九人の俳人たちの人柄がしのばれるエピソードなどを表現力豊かに紹介した原書は、後の子規門下研究に大きな影響を与えている。

新編の編集にあたり、用語を現代仮名遣いに改め、難読文字にはルビを施すなど、中高生でも気軽に手に取れるよう配慮。巻末には伯方町文化協会副会長・馬越晴通氏が新たに書き下ろした「無名の俳人 阿部里雪」を掲載した。歴史の証人・阿部里雪の隠れた名著に光を当てる貴重な1冊。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2004年2月
体裁
B6判 304ページ
ISBN
978-4-86087-014-0

注文する