愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2003年12月
体裁
A5判 566ページ 上製本 化粧ケース入り
ISBN
978-4-86087-012-6

在庫あり

えひめ発 百年の俳句――郷土俳人シリーズ① 正岡子規 人と作品

愛媛新聞メディアセンター(編)

価格: 4,000+税

俳句にとどまらず短歌、文章を革新

時代を切り開いた子規の生涯と作品を網羅

〈郷土俳人シリーズ〉の第4回配本。

「俳句の革新」にとどまらず、「短歌の革新」「文章の革新」と、35年の短い生涯の中で時代を切り開いていった子規の生涯と作品を網羅した1冊。

巻頭カラーページでは、少年期を過ごした古里・松山で詠んだ句の中から50句を精選し、美しいカラー写真などを織り込みながら紹介。さらに、愛媛県出身の俳人・坪内稔典氏が書き下ろした“子規評伝”を掲載。

また、俳句のふるさと・愛媛の俳人たちが子規の名句100句を鑑賞。作品集では、2万数千句に及ぶ子規の全作品から、300句を選りすぐっている。

その他、座談会形式による子規の俳論・作家論も抄録。幅広い視点から子規の魅力に迫る。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2003年12月
体裁
A5判 566ページ 上製本 化粧ケース入り
ISBN
978-4-86087-012-6

注文する