愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2002年8月
体裁
A4判変型 284ページ
ISBN
978-4-900248-88-5

在庫あり

わすれかけの街 松山戦前戦後

池田洋三(著)

価格: 2,800+税

昭和の松山を巡る物語

時の流れを少しだけさかのぼる旅

第18回愛媛出版文化賞受賞

昭和48年から同49年に56回にわたり、愛媛新聞夕刊に連載された「わすれかけの街 松山戦前」に、戦後編として昭和50年に同紙に連載された「焦土点描」と「聞き書き廃墟の中から」を加え編集・製作。全編にわたり、愛媛新聞社保存の貴重な時事、社会、文化、風俗などの写真を使用。戦前編には故・戸嶋平八氏作成のイラストマップ、戦後編には池見昌之氏のイラストを添え、松山の歴史がいかに長く重厚なものであったか、その文化がいかにして全国に発信されたか、また戦後の復興を成し遂げた松山市民の英知とたくましさなどを、生き生きと描き上げている。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2002年8月
体裁
A4判変型 284ページ
ISBN
978-4-900248-88-5

注文する