愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2001年11月
体裁
四六判 272ページ 上製本
ISBN
978-4-900248-86-1

在庫なし

二十世紀の検証 仲川幸男と友人たち 川柳を連れて

清水厚実(編)

価格: 1,714+税

激動の時代を生き抜いた仲川幸男と、

彼の仲間たちが、20世紀への思いを語る

仲川氏は、松山市議、県議、参議院議員を務めた政界の重鎮で、全日本川柳協会理事長としても活躍中。激動の時代を生き抜いた彼と、その仲間たちが、20世紀への思いをつづる。

第1部は、仲川氏自身が20世紀を回顧。空襲や原爆などの戦時体験や、政界入りしてからのエピソード、川柳普及への取り組み、松山を代表する教育者たちとの交流などの思い出を振り返る。

第2部では、戦後の日本を共に歩み、支え合ってきた各界の友人20人が、彼を、そして20世紀を語る。

第3部は、愛媛の柳祖・前田伍健に師事し、川柳界を守り育ててきた仲川たけし(号)がまとめた川柳史と、悲喜こもごも201句の珠玉句集。

編者は、社団法人全日本川柳協会監事で仲川幸男後援会事務局長の清水厚実氏。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2001年11月
体裁
四六判 272ページ 上製本
ISBN
978-4-900248-86-1