愛媛新聞の本 オンラインショップ

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2000年8月
体裁
A5判 336ページ オールカラー
ISBN
978-4-900248-72-4

在庫あり

愛媛の薬用植物図鑑

松井宏光、田中信也(著)、北添伸夫(写真)

価格: 3,000+税

自然がもっと身近になる

えー! こんな花まで薬になるの?

(社)全日本薬種協会・愛媛県薬事振興会推薦

(愛媛の自然博物シリーズ〉第4弾

愛媛県内に自生する薬草や薬用効果の高い栽培植物を網羅し、安全な利用法・効能などを詳しく紹介する。

ドクダミやセンブリなどの有名薬草はもちろん、空き地や田畑、山野に生育する薬用植物251種を鮮明なカラー写真で紹介。掲載種ごとに内服・外用・薬用茶・薬用酒・浴湯料・食用の6種の用途を明記し、家庭で簡単に利用できるように解説している。「薬草歳時記」などの特別付録も充実。「用途別」「生薬名別」「症例別」など、さまざまな角度からアプローチできる索引群も完備している。

植物の特徴については松山東雲短期大学の松井宏光教授が、用途については愛媛県薬業協会の田中信也事務局長が執筆。撮影は、自然科学写真家の北添伸夫氏。

出版社
愛媛新聞社
刊行日
2000年8月
体裁
A5判 336ページ オールカラー
ISBN
978-4-900248-72-4

注文する