JR予讃線で事故相次ぐ 特急・普通計12本運休

2021年6月25日(金)(愛媛新聞)

 25日午後4時25分ごろ、香川県観音寺市柞田町のJR予讃線大畑踏切で観音寺発松山行き普通列車(2両、乗客約15人)が人と接触した。JR四国によると、列車は現場に約1時間40分停車した。

 

 同日午後4時55分ごろ、今治市菊間町のJR予讃線で松山発岡山行き特急列車(5両、乗客約30人)が線路付近の落石2個と接触し、現場に約25分停車した。けが人はいなかった。落石は最大で縦約30センチ、横約50センチ、高さ約30センチ。

 

 これらの影響で上下線の特急・普通計12本が運休するなどしたほか計10本が最大約1時間46分遅れ、約1800人に影響が出た。

 



ライフライン情報一覧へ
災害ニュース一覧へ