愛媛新聞ONLINE

2021
921日()

新聞購読
新規登録
メニュー

詩人仲間宛て35通、北海道

草野心平の直筆書簡発見

2021年9月15日(水)(共同通信)

 草野心平が詩人仲間に宛てた直筆の書簡

 草野心平が詩人仲間に宛てた直筆の書簡

 カエルの視点で独特の世界を描いた作品で知られる福島県いわき市出身の詩人草野心平(1903~88年)が戦後、詩人仲間に宛てた直筆の書簡35通が15日までに、札幌市の北海道立文学館で見つかった。専門家は「草野の戦後間もない頃の書簡がまとまって見つかるのは珍しく、当時の心境が垣間見えて貴重だ」と話している。

 

 同文学館を運営する公益財団法人北海道文学館の平原一良理事長(74)によると、2003年に詩人長光太の遺族から寄贈された数千点の資料を調べたところ、1947~79年に札幌市の長の自宅などに宛てたはがきや封書が見つかった。今後、書簡の公開を検討するという。

 

    残り:414文字/全文:691文字

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。


    Web会員登録(無料)で月5本まで有料記事の閲覧ができます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログイン/新規登録してください。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。