ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

飯豊まりえは“焼き肉奉行”

「友達少ない」と高杉真宙

2019年7月12日(金)(共同通信)

 小皿に料理を取り分ける高杉真宙(左)と飯豊まりえ=東京都港区

 小皿に料理を取り分ける高杉真宙(左)と飯豊まりえ=東京都港区

 俳優の高杉真宙と飯豊まりえが、東京都港区の六本木ヒルズで開かれたお酒と料理を楽しむ屋外イベント「水上ハイボールステージ」のレセプションパーティーに登場。大人数でシェアするフードメニューの取り分けに挑戦した高杉だったが「友達が少ない。一応いるんですけど、2人」と、人気俳優らしからぬ交友関係を告白した。

 最近その2人と鍋を囲んだものの「友達に作ってもらって、自分はゲームをしていた」という。小皿に料理を盛り付ける手つきもぎこちなく、飯豊に「いつも取り分けずに、ただ座っているタイプですか?」と突っ込まれる始末だった。

 一方の飯豊は、ドラマの共演者と焼き肉店に行くことが多いという。会食中は「ずっと肉を焼いている。せっかくならおいしく食べたいという気持ちが出てしまうので。うるさいですよ、私」と、鍋奉行ならぬ“焼き肉奉行”ぶりを明かした。

 放送中のドラマ「サイン 法医学者 柚木貴志の事件」で共演している2人。現場では毎日のようにドラマの公式SNSに投稿する写真を撮っているが「高杉さんは全然一緒に写ってくれない」と飯豊。公開クレームを受けた高杉は「写るタイミングを逃してしまって…」と、平謝りだった。

 「水上ハイボールステージ」は25日まで開催。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。