ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
522日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

異常検知とJAXA発表

はやぶさ2、小惑星への降下中止

2019年5月16日(木)(共同通信)

 はやぶさ2が降下途中、小惑星りゅうぐうの上空60メートル付近で撮影した画像。はやぶさ2の影が左端中央に写っている(JAXA提供)

 はやぶさ2が降下途中、小惑星りゅうぐうの上空60メートル付近で撮影した画像。はやぶさ2の影が左端中央に写っている(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は16日、探査のために小惑星りゅうぐうへと高度を下げていた探査機はやぶさ2が、上空50メートル付近で異常を検知して降下を中止したと発表した。安全な場所に向け上昇、機体に異常はないという。今後原因を調べる。

 今回の降下では、2回目の着陸に向け、目印となるボールを放出する予定だったが延期となった。りゅうぐうを離れる前にもう一度着陸するチャンスはまだあるという。

 はやぶさ2は15日、りゅうぐうの上空20キロの定位置から降下を開始。高度計で高さを測りながら上空10メートルまで降りる予定だった。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。