ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
522日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

存命芸術家で最高額

ステンレスのウサギ百億円で落札

2019年5月16日(木)(共同通信)

 約100億円で落札されたウサギの像=2008年9月、パリ郊外ベルサイユ宮殿(ロイター=共同)

 約100億円で落札されたウサギの像=2008年9月、パリ郊外ベルサイユ宮殿(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】競売大手クリスティーズは15日、米国の現代芸術家ジェフ・クーンズ氏が制作したステンレス製のウサギの像が、約9100万ドル(約100億円)で落札されたと発表した。存命の芸術家による作品の落札額としては過去最高だという。

 5千万~7千万ドルの予想価格を大幅に上回った。像は1986年のもので、高さ約1メートル。子ども向けのバルーンに着想を得た作品だという。

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版などによると、ムニューシン米財務長官の父親で美術商のロバート・ムニューシン氏が落札した。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。