ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
522日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

イラン核合意継続を期待

安倍首相、中東緊迫化に懸念

2019年5月16日(木)(共同通信)

 イランのザリフ外相(左)と会談する安倍首相=16日午前、首相官邸

 イランのザリフ外相(左)と会談する安倍首相=16日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は16日、イランのザリフ外相と官邸で会談し、米イラン対立により軍事的緊張が高まっている中東情勢を念頭に「現在の中東を巡る状況が大変緊迫化していることを懸念している」と伝えた。イランによる核合意履行継続への期待も表明した。これに先立ち河野太郎外相もザリフ氏と会い、核合意維持に向け協力する考えを伝達。中東情勢安定化に貢献する考えも示した。

 首相は、伝統的なイランとの友好関係を発展させる考えを表明した。河野氏は「イランによる核合意の維持が核不拡散と中東の平和と安定にとって不可欠だ。合意を引き続き支援する」と言明した。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。