ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
718日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

小澤廉、高校教師役で連ドラ主演、tvkで2020年1月放送

2019年7月13日(土)(オリコン)

小澤廉主演、青春群像サスペンスドラマ『チョコレート戦争~朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり~』テレビ神奈川で2020年1月放送決定

小澤廉主演、青春群像サスペンスドラマ『チョコレート戦争~朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり~』テレビ神奈川で2020年1月放送決定

 「おそ松さん」シリーズや、 「あんさんぶるスターズ!」シリーズなど、数々の舞台に出演し、 最近ではバラエティー番組や声優としても活動する俳優の小澤廉が主演する連続ドラマ『チョコレート戦争〜朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり〜』(全12話)が、2020年1月期にテレビ神奈川(tvk)で放送される。

【写真】生徒役で出演が決まったキャスト

 同ドラマは、小澤演じる冴えない教師・仁科智也が、高校を舞台に起こったある事件の真実を解き明かしていく青春サスペンスストーリー。生徒役に、舞台を中心に活躍している若手俳優、立石俊樹、小南光司、古谷大和、星元裕月、TAKA(CUBERS)の出演が決定している。

 比較的かわいらしい役柄を多く演じてきた小澤だが、今回は性格も暗く、生徒からもバカにされている高校教師役を「人生で初めて演じることになりました。 ワクワクしています。チョコレート戦争という一見かわいいネーミングとは裏腹に巻き起こる事件。どんな風に物語が展開していくのか僕自身楽しみです」と、コメント。

 脚本・監督を務めるのは、 映画『Please Please Please』『Sea Opening/シー・オープニング』や、 テレビドラマ『ディキータマリモット~オウセンの若者たち~』などを手がけ、 舞台で活躍する若手俳優たちから新たな魅力を引き出すことに定評のある堀内博志氏。今が旬の俳優を起用しつつ、ありふれた青春物語に留まらない、上質なドラマを目指す。

■あらすじ
 私立百瀬学園。芸能活動を希望する生徒に向けた、“スタークラス”と呼ばれる芸能クラスを備え、毎年バレンタインデイが重要なイベントとされている。その日に一番多くのチョコレートをもらった男子生徒は人気No.1“キング”と呼ばれ、先の芸能活動も保証されるからである。しかし今年の2月14日、事件は起こった。“キング”確定と噂されていた生徒・篠田康太(立石俊樹)が誰かからの毒入りチョコレートが原因で、死亡してしまう。

 篠田のクラスの副担任・仁科智也(小澤廉)は、 篠田が所属していた学園内アイドルユニット“Dust Kiss”のメンバー、吉川優(小南光司)、村木乃亜(古谷大和)、宮田健介(星元裕月)、小暮海斗(TAKA)に話を聞いていくが…。誰が、 毒入りチョコレートを渡したのか。さまざまな憶測や疑惑がうごめく学園で“Dust Kiss”のメンバー、それを取り巻く女生徒や教師たちの隠された事実が次々にあぶり出されていく。誰かが言った「チョコレート戦争が始まった」と…。

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。