ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
222日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

本田美奈子.さん、闘病日記を『シンソウ坂上』で独占初公開 坂上忍も涙

2019年1月24日(木)(オリコン)

24日放送『直撃!シンソウ坂上』では本田美奈子.さんの闘病生活に迫る (C)フジテレビ

24日放送『直撃!シンソウ坂上』では本田美奈子.さんの闘病生活に迫る (C)フジテレビ

 2005年11月に38歳の若さで亡くなった本田美奈子.さんを24日放送のフジテレビ系『直撃!シンソウ坂上』(毎週木曜 後9:00)で特集することが、わかった。300日に及ぶ白血病との知られざる闘病生活に迫る。昨年9月に埼玉県朝霞市にオープンした『本田美奈子.ミュージアム』でデビュー以来の友人でかつては同じレコード会社で所属していた演歌歌手の坂本冬美と坂上が本田さんの母・美枝子さんと対面。そして美枝子さんでさえ読んだことがなかったという本田さんの“闘病日記”が独占初公開される。

【写真】頭にバンダナ…本田美奈子.さん、無菌室での闘病生活

 1980年代、中山美穂や南野陽子と同時期にデビューし、抜群の歌唱力からデビュー年に日本武道館でコンサートを開催するほどの人気を誇った本田さん。彼女の足跡をたどるべくミュージアムを訪れた坂上を迎えたのは坂本。くしくも本田さんに同学年という縁を持つ2人は本田さんの思い出話に花を咲かせる。坂本からは、本田さんの圧倒的な声量に隠された謎が明かされる。

 本田さんの楽屋を忠実に再現したスペースで待っていた美枝子さんからは本田さんが「急性骨髄性白血病」と診断された2005年1月当時の彼女の様子が語られる。微熱やめまいはあるものの、そこまで重く受け止めていなかった本田さんだったが、病院での診断後、即入院し無菌室での生活を余儀なくされる。

 激痛を伴う治療が続いても、抗がん剤治療によって毛髪が抜け落ちても、本田さんはいつも明るかったと語る美枝子さん。無菌室での生活を続ける本田さん自身が心境を吐露した音声も公開される。

 そして入院から3ヶ月、記念すべきデビュー20周年を病室で迎えた本田さんの元に、1本のビデオテープが届く。そこには、歌詞のない楽曲を歌い上げる福山雅治の姿があった。実は福山のファンだった本田さんのため、彼女を励まそうと関係者が企画し、福山さんも賛同して作成されたもの。ではなぜ楽曲に歌詞がないのか…そこには福山をはじめ、この企画に賛同したアーティストたちの深いメッセージが込められていた。

 このほかにも番組では「さい帯血手術」により一時は劇的な回復を見せ、退院する際にお世話になった医師や看護師に「アメイジング・グレイス」を披露する本田さんの歌声を録音した音声、抗がん剤治療で髪の毛が抜けた姿を隠すため常に頭に巻いていたバンダナを外し、ありのままの姿を撮影した貴重な写真、さらには本田さんが最後に歌声を披露した場面を撮影した貴重な映像などを紹介。

 そのなかでも“闘病日記”には「苦しいのはもう嫌!」、「私は歌を通して希望を与えることができたらと思っているのに、神様は歌わせてくれないのですか?」。いつも笑顔だったという本田さんの悲痛な叫びに読み上げる坂上が、思わず涙でむせぶ。生前のまま残された、本田さんの部屋も独占初公開。自宅には、闘病生活の壮絶さが伝わる、ある物がそのまま残されていた。

愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。