HOME2012秋季四国地区高校野球県大会 試合結果
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!

2012秋季四国地区 高校野球愛媛県大会

  1. トップ
  2. 試合結果

第2日【大洲 1 - 2 松山聖陵】松山聖陵サヨナラ 大洲 先発が初回乱れる

2012年10月07日(日)
【松山聖陵―大洲】9回裏松山聖陵1死満塁、黒岩がサヨナラの中前打を放つ=宇和島丸山球場(撮影・織田龍郎)

【宇和島丸山球場】
▽1回戦(9時57分)


大  洲 0 0 0 1 0 0 0 0 0
松山聖陵 1 0 0 0 0 0 0 0 1×


▽三塁打 黒岩
▽二塁打 嘉陽
▽犠打 大4(山中、東浦、宮下、斎藤)松3(黒岩、古賀、石丸)
▽盗塁 大0、松1(山城)
▽失策 大1(東浦)松0
▽暴投 久保、嘉陽
▽球審 西川
▽塁審 細川、浜田、米原
▽試合時間 2時間

【評】松山聖陵が粘る大洲を振り切り、九回サヨナラ勝ちした。
 松山聖陵は1―1の九回、2安打と敬遠の1死満塁で、黒岩が決勝の中前打を放った。先発の嘉陽は1失点で完投した。
 大洲の先発久保は初回に乱れ、押し出しで先制を許した。二回以降は立ち直ったが、援護は四回の犠飛による1点だけだった。

◆バックのおかげ◆
【松山聖陵・嘉陽投手(9回1失点で完投)】「ランナーを背負う場面が多かったが、バックの声のおかげで思い切って投げられた。次は決め球で三振を取る自分の投球をしたい」

◆一本出なかった◆
【大洲・宮下捕手(サヨナラ負けを喫し)】「チャンスで一本が出なかった。(四回の中犠飛は)狙い球を強振することを意識し、気持ちで持っていった。次の大会に向け、しっかり練習したい」

[満塁策に発奮]
 松山聖陵が第4シードの大洲にサヨナラ勝ちし、8強へ進んだ。
 1−1の九回裏、先頭の渡部は「できることを精いっぱいする」と左へ打ち返した。送りバントを挟み、無安打だった古賀が「来た球を打つだけ」と左前打で1死一、三塁にチャンスを広げた。
 大洲バッテリーは敬遠で満塁策。「くやしかった」と見つめていた黒岩は、仲間に「自信を持て」と励まされて打席へ。カウント1―1から転がすことを意識した打球は、前進守備の間を抜くサヨナラ中前打となった。
 完投した嘉陽は「九回で決まると思っていた」と笑顔。サヨナラの口火を切った渡部は「第1打席からヒットを狙う」と次戦に向けて決意を新たにしていた。(長尾翼)

秋の高校野球県大会写真特集 大洲×松山聖陵(降雨ノーゲーム)
秋の高校野球県大会写真特集 大洲×松山聖陵(再試合)

   
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権・リンク
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。