• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > 2014年 伊方町長選
  • [PR]

2014年 伊方町長選

2014年 伊方町長選 ニュース

  • 伊方町長に山下氏 原発争点にならず 3氏抑え3選 (2014年04月15日)

    伊方町長選で3選を果たし、万歳する山下和彦さん(右)=13日午後10時50分ごろ、伊方町湊浦
     原発立地自治体の伊方町で、東京電力福島第1原発事故後初めての任期満了に伴う町長選挙が13日、投開票され、原発と共存姿勢の現職山下和彦氏(68)=無所属、湊浦=が3266票を獲得し、他の3氏を抑えて3選を果たした。

    【山下和彦(やました・かずひこ)】川之石高卒。64年旧伊方町役場入り。新伊方町で総務課長や農業委員会事務局長を経て06年初当選。10年無投票再選。68歳。伊方町出身。湊浦。

    【伊方町長選開票結果】
    当選得票数氏名年齢所属政党/
    新旧別
    3,266票山下 和彦68無現
    -2,399票畑中 芳久66無前
    -2,008票浜口 市作66無新
    -104票小田々 豊58諸新

    (選管最終、無効65 票、投票率85.33 %、敬称略、年齢は投票日翌日現在)


  • 伊方町長選 きょう13日投票 (2014年04月13日)

     再稼働の行方が焦点となっている四国電力伊方原発が立地する伊方町で、任期満了に伴う町長選が13日、投開票される。同日深夜に大勢が判明する見通し。
     投票は13日午前7時〜午後8時に33カ所で実施し、午後9時40分から町生涯学習センター(湊浦)で開票する。

     ※立候補者の詳細は、「立候補者一覧」をご覧ください。
  • 伊方町長選 候補ポスター落書き 自由妨害容疑 八幡浜署捜査 塗料で「円」や「△」 (2014年04月12日)

    伊方町長選挙ポスター掲示板の落書きを拭き取る町職員ら=11日午前10時20分ごろ、伊方町仁田之浜
     13日投票の伊方町長選挙の立候補者ポスター掲示板が赤い塗料で落書きされているのが11日朝、町内3カ所で見つかった。八幡浜署は公選法違反(選挙の自由妨害)の疑いで捜査している。
  • 伊方町長選 あす13日投票 (2014年04月12日)

     再稼働の行方が焦点になっている四国電力伊方原発が立地する伊方町で、任期満了に伴う町長選挙が13日に投開票される。無所属で前職の畑中芳久(66)=仁田之浜、諸派で新人の小田々豊(58)=東京都羽村市、無所属で新人の浜口市作(66)=大浜、無所属で現職の山下和彦(68)=湊浦=の4氏が、懸命な訴えを続けている。
     投票は13日午前7時〜午後8時に町内33カ所で実施。同日午後9時40分から町生涯学習センター(湊浦)で開票する。

     ※立候補者の詳細は、「立候補者一覧」をご覧ください。
  • 伊方町長選告示 4氏が立候補 (2014年04月09日)

     再稼働の行方が焦点となっている四国電力伊方原発が立地する伊方町で、任期満了に伴う町長選挙が8日、告示された。無所属で前職の畑中芳久(66)=仁田之浜、諸派で新人の小田々豊(58)=東京都羽村市、無所属で新人の浜口市作(66)=大浜、無所属で現職の山下和彦(68)=湊浦=の4氏が立候補を届け出、選挙戦に入った。投票は13日。
     伊方町で町長選が行われるのは2011年3月の東京電力福島第1原発事故後初めて。
      投票は13日午前7時〜午後8時に町内33カ所で実施。同日午後9時40分から町生涯学習センター(湊浦)で開票する。期日前投票は9〜12日の午前8時半〜午後8時に町役場と、瀬戸、三崎両総合支所、町見、四ツ浜両出張所の計5カ所で行う。
     7日現在の有権者数は9197人(男4350人、女4847人)。

     ※立候補者の詳細は、「立候補者一覧」をご覧ください。
  • 伊方町長選 小田々氏が出馬へ (2014年04月08日)

    小田々豊氏
     8日告示、13日投票の伊方町長選挙で、東京都羽村市の会社役員小田々豊氏(58)が7日までに、無所属で立候補する意向を愛媛新聞の取材に対し明らかにした。
  • 伊方町長選 あす8日告示 (2014年04月07日)

     再稼働の行方が焦点になっている四国電力伊方原発が立地する伊方町で、任期満了に伴う町長選挙が8日、告示される。現職山下和彦(68)=湊浦、前職畑中芳久(66)=仁田之浜、新人浜口市作(66)=大浜=の3氏が立候補を表明し、前哨戦を繰り広げている。

     立候補の届け出は、8日午前8時半〜午後5時、町役場で受け付ける。投票は13日午前7時〜午後8時に町内33カ所で実施。同日午後9時40分から町生涯学習センター(湊浦)で開票する。
     期日前投票は9〜12日の午前8時半〜午後8時に町役場と、瀬戸、三崎両総合支所、町見、四ツ浜両出張所の計5カ所で行う。
     3月2日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数は9327人(男4425人、女4902人)。
  • 原発や産業振興策訴え 伊方町長選 3氏公開討論会 (2014年03月30日)

    伊方町長選に立候補を予定している3氏が原発問題などに関する意見を述べた公開討論会=29日夜、同町湊浦
     4月8日告示、13日投票の伊方町長選挙の立候補予定者を対象にした公開討論会が29日夜、同町湊浦の町民会館であった。いずれも無所属での出馬を表明している現職山下和彦(68)、前職畑中芳久(65)、新人浜口市作(66)の3氏が原発問題や産業振興などに対する考えを約270人に訴えた。
  • 伊方町長選前に取締本部を設置 八幡浜署 (2014年03月28日)

     4月8日告示、13日投票の伊方町長選挙を前に、八幡浜署は27日、選挙違反取締本部を設置した。山内泰署長を本部長に72人態勢で取り締まる。27日までに違反による警告や指導はないという。
  • 原発・人口減 伊方の未来は… 29日 町長選立候補予定者が討論  (2014年03月28日)

     任期満了に伴う4月8日告示、13日投票の伊方町長選挙を前に、立候補予定者の公開討論会が29日、同町湊浦の町民会館で開かれる。町民有志らでつくる「2014伊方町長選挙公開討論会実行委員会」(加藤智明実行委員長)の主催。
     討論会は午後6時半スタートで、定員500人。入場無料。問い合わせは実行委(町商工会内)=電話0894(38)0809。
  • 町長選説明会3陣営が出席 伊方 (2014年03月27日)

     任期満了に伴う4月8日告示、13日投票の伊方町長選挙の立候補予定者説明会が26日、町役場であった。いずれも無所属での出馬を表明している現職の山下和彦氏(68)=湊浦、前職の畑中芳久氏(65)=仁田之浜、新人の浜口市作氏(66)=大浜=の3陣営が出席した。
  • 4月8日告示 伊方町長選展望 3氏、激しい争いか 原発 争点の可能性低く (2014年01月01日)

     任期満了に伴う伊方町長選挙は4月8日告示、13日投票の日程で行われる。現職と前職、新人の無所属3氏が名乗りを上げており、激しい選挙戦が見込まれる。
     東京電力福島第1原発事故後初めての町長選になるが、いずれも旧伊方町を地盤とする3氏は四国電力伊方原発の「維持」の考えを示す。国の審査が進む伊方3号機の再稼働にも容認姿勢を示しており、現段階で原発問題が争点となる可能性は低い。
  • 伊方町長選 前職 畑中氏が出馬正式表明 (2013年12月25日)

     2014年4月8日告示、13日投票の伊方町長選挙で、前職の農業畑中芳久氏(65)=仁田之浜=が24日、八幡浜市内で会見し、立候補を正式表明した。
     畑中氏は2期8年続く現町政からの転換を訴え「町内は人口減少が進み元気がない。町職員の意識改革とレベルアップをし、住民主体の町づくりが必要」と説明。第1次産業を中心とした基幹産業振興や若者の雇用確保などを公約に掲げた。
     四国電力伊方原発については「安定的な代替エネルギーがなく当面は維持しなければならない」との立場を示した。再稼働の是非は「国の動向を注視し、町民の意見を踏まえ判断したい」とした。
     町長選では、前副町長の農業浜口市作氏(66)=無所属、大浜=と現職の山下和彦氏(67)=同、湊浦=が立候補を表明している。
  • 伊方町長選 現職 山下氏が出馬正式表明 (2013年12月19日)

     2014年4月8日告示、13日投票の伊方町長選挙で、現職の山下和彦氏(67)=湊浦=が18日に開会した12月定例町議会で、3選を目指して無所属での立候補を正式表明した。

     山下氏は一般質問の答弁で「四国電力伊方原発の再稼働を含めた原子力政策が正念場を迎えるなど、町の将来を左右する局面で投げ出すわけにはいかない」と出馬理由を説明した。
     新たな観光事業の展開と雇用環境改善などを公約に掲げ「8年間のまちづくりの成果を実らせたい」と述べた。伊方原発については「万全の安全対策とヒューマンエラー防止の徹底を求めていく」とした。
     町長選では前副町長の農業浜口市作氏(66)=無所属、大浜=が立候補を表明、前町長の農業畑中芳久氏(65)=同、仁田之浜=も出馬の意向を固めている。
  • 伊方町長選 山下氏が3選出馬へ (2013年12月18日)

    山下 和彦氏
     2014年4月の伊方町長選挙で、現職の山下和彦氏(67)=湊浦=が17日までに、3選を目指し無所属で出馬する意向を固めた。関係者によると、18日の町議会本会議一般質問への答弁で正式表明の見通し。
     山下氏は愛媛新聞の取材に「出馬の有無も含めて18日に明らかにする」と述べた。四国電力伊方原発に依存した地域振興の見直しなど、現在の政策を柱に2期8年の信任を求めるとみられる。
     山下氏は1964年に旧伊方町役場入りし、総務課長や農業委員会事務局長などを歴任。06年の町長選に初当選し、10年4月に無投票で再選した。
     町長選をめぐっては前副町長の農業浜口市作氏(66)=無所属、大浜=が17日に立候補を表明、前町長の農業畑中芳久氏(65)=同、仁田之浜=も出馬の意向を固めている。
  • 伊方町長選 浜口前副町長出馬へ (2013年12月13日)

    浜口 市作氏
     2014年4月8日告示、13日投開票の伊方町長選挙で、前副町長の農業浜口市作氏(66)=大浜=が無所属で立候補する意向を固めたことが12日、分かった。来週中にも正式に出馬表明する予定。
     浜口氏は愛媛新聞の取材に「新町がスタートして9年で、現町政も2期8年目。未来につなげる町づくりのためには変革が必要だと感じ、挑戦したいと思った」と出馬理由を説明。具体的な政策は「後日明らかにする」とした。
     同町長選で立候補の意向が明らかになったのは前町長の農業畑中芳久氏(65)=無所属、仁田之浜=に続き2人目。現職の山下和彦氏(67)=同、湊浦=は現時点で3選を目指し出馬するかどうかの態度表明をしていない。
     浜口氏は1970年に旧伊方町役場入りし、財政課長や上水道課長を歴任。06年5月〜10年5月には山下町長の下で助役や副町長を務めた。
  • 伊方町長選 4月8日告示 13日投票 (2013年12月04日)

     伊方町選挙管理委員会は3日、任期満了に伴う町長選挙の日程を2014年4月8日告示、13日投開票と決めた。
     前町長の畑中芳久氏(65)=仁田之浜=が無所属で立候補する意向を固めているほか、水面下で出馬を模索する動きがあり、選挙戦となる可能性が高い。無所属現職の山下和彦氏(67)=湊浦=は現時点で3選を目指し出馬するかどうかの態度表明をしていない。
     立候補の届け出は8日午前8時半〜午後5時に受け付ける。投票は13日午前7時〜午後8時に町内33カ所で行い、即日開票する。
     12月1日現在の選挙人名簿登録者(有権者)数は9374人(男4445人、女4929人)。
  • 伊方町長選 前町長 畑中氏出馬へ (2013年11月29日)

    畑中 芳久氏
     2014年4月15日任期満了の伊方町長選挙で、前町長の農業畑中芳久氏(65)=仁田之浜=が無所属で立候補する意向を固めたことが28日、分かった。近く正式に出馬表明する予定。
     畑中氏は愛媛新聞の取材に「前回は無投票だったが8年間続く現町政に審判の機会が必要だと思った。支援者から要請があり決断した」と出馬理由を説明。具体的な政策については「後日明らかにする」とした。
     同町長選で立候補の意向が明らかになったのは初めて。現職の山下和彦氏(67)=2期、無所属、湊浦=は現時点で態度表明していない。
     畑中氏は1967年に旧伊方町役場入りし、企画財政課長、教育長、助役などを歴任。2005年4月、旧伊方、瀬戸、三崎の3町が合併し誕生した新伊方町の町長選で旧伊方町長を破って初当選したが、06年に町発注工事をめぐる収賄容疑で逮捕され辞職した。

◆伊方町長選立候補者◆
(立候補4人、左上から届け出順、敬称略、年齢は投票日翌日現在)

  • 畑中 芳久(はたなか・よしひさ)66歳

    畑中 芳久

    所属政党
    新旧別
    過去の
    当選回数
    1
    職業 農業
    経歴 旧伊方町助役
    現住所 仁田之浜
    学歴 八幡浜高

    【公約】

    産業の振興と雇用創出。生命を守る町づくり。子どもたちが光を放つ町づくり。地域密着型の行政運営。町民主役の町づくり。

  • 小田々 豊(おだた・ゆたか)58歳

    小田々 豊

    所属政党
    新旧別
    過去の
    当選回数
    -
    職業 会社役員
    経歴 環境団体代表
    現住所 東京・羽村市
    学歴 高知高専

    【公約】

    安心して出産・子育ての伊方、先端企業誘致、農漁業伊方ブランド確立で町おこし。子供と仕事を一挙増加。だから原発廃止

  • 浜口 市作(はまぐち・いちさく)66歳

    浜口 市作

    所属政党
    新旧別
    過去の
    当選回数
    -
    職業 農業
    経歴 副町長
    現住所 大浜
    学歴 関西外国語大中退

    【公約】

    安心して暮らせる町。災害に強い町。不平不満のない公正な町。志はただひとつ、福祉と産業育成に全力で取り組みます。

  • 山下 和彦(やました・かずひこ)68歳

    山下 和彦

    所属政党
    新旧別
    過去の
    当選回数
    2
    職業 町長
    経歴 町農業委事務局長
    現住所 湊浦
    学歴 川之石高

    【公約】

    住んでよかったと実感できるまちづくり。(1)第一次産業の活性化(2)A子育て環境と高齢者福祉の充実(3)新たな観光事業の展開