• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > ホッとニュース > 記事詳細
  • [PR]

ミカン ハートに育って 児童ら型枠取り付け 八幡浜 2016年09月10日(土)

まだ青いミカンをハート形に育てるため、木枠を取り付ける川上小の児童

 かわいらしいハート形のミカン作りが「マルカ」ブランドで知られる八幡浜市川上地区の園地で今年も始まり、地元児童や若手生産者が9日、小さく青い果実に特製の型枠を取り付けた。
 「ハートみかん」は特徴あるかんきつを作り出そうと市内の商工業者や行政機関でつくる協議会が2013年に栽培を始め、川上地区では3年目。JA西宇和川上共選によると、購入希望は多いものの、昨年は変色などでセッティングした3分の1しか出荷できなかったため、今年は2倍の約600個に型枠を設置する。
 9日は地元の川上小学校5、6年生12人も取り付けに挑戦。丁寧な手つきで5センチ程度の温州ミカンを木枠にはめ込んでいった。
 川上共選の嶋家浩晃後継者部会長(29)は「多くの人にハートみかんが届くよう、成功率が上がってくれれば」と話した。