• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > ホッとニュース > 記事詳細
  • [PR]

特別支援学校生ら 伝統生かし小物手作り 伊予かすり会館で販売 松山 2014年12月19日(金)

手作りした製品を棚に並べる愛媛大教育学部付属特別支援学校の生徒たち

 愛媛大教育学部付属特別支援学校(松山市持田町1丁目)の中学部と高等部の生徒26人が15日、同市久万ノ台の民芸伊予かすり会館に、「伊予絣(かすり)」を使った手作り小物のコーナーを設置した。来年3月末まで販売している。
 地元の伝統産業を取り入れようと、生徒らは9月に同会館で伊予絣を購入。木工、布工、印刷の3班に分かれ、コースターやブックカバーにしたり、絣柄のデザインをメモ帳の外側に生かしたりした14種類の製品を手作りした。
 15日は、会館が用意したスペースに、どう置けば見やすいかを考えながら、製品を一つずつ箱に並べて陳列。教員からアドバイスを受け、向きを変えるなど調整していた。製作工程などを紹介するポスターも張った。
 高等部2年の冨永将太君(16)は「みんなで心を込めて作ったものを伊予かすり会館に置かせてもらえるので、お客さんに『すごいな』と思って買ってほしい」と願った。