• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > えひめ衆院選2014
  • [PR]

えひめ衆院選2014

えひめ衆院選2014 ニュース

  • 出口調査分析 第三極支持層 自民へ 民主は上積みできず (2014年12月16日)

     自民、公明両党が定数の3分の2を上回る議席を獲得して圧勝した第47回衆院選。県内の小選挙区では、2012年の前回に続き自民が全4議席を独占した。愛媛新聞社が投票日(14日)に実施した出口調査からは、前回同様に自民が支持層を手堅くまとめ、公明が後押ししたことも勝因となった。

  • 愛媛衆院選 自民 小選挙区独占 1区 塩崎氏/2区 村上氏/3区 白石徹氏/4区 山本氏 (2014年12月15日)

    当選確実となり、支持者らと万歳する塩崎恭久さん(右)=14日午後9時ごろ、松山市一番町1丁目のホテル
     第47回衆院選は14日投開票の結果、県内4小選挙区では自民党前職が議席を守り、独占を維持した。復権を目指した民主党元職や、初陣に臨んだ維新の党新人らは及ばなかった。2区の維新新人は比例で復活した。投票率は49・80%で前回2012年から9・76ポイント下がり、初めて50%を下回って過去最低となった。

    ※当選者の詳細は、こちらをご覧ください。
  • 衆院選きょう14日投開票 県内深夜までに体勢  (2014年12月14日)

     第47回衆院選は14日、投開票される。県内4小選挙区には14人が立候補。前回2012年12月に政権を奪還した自公による2年間のかじ取りに審判が下される。深夜までに大勢判明の見通し。

    ※立候補者の詳細は、「立候補者一覧」をご覧ください。
  • [衆院選・一口メモ](14)当選人 (2014年12月14日)

     衆院の小選挙区選挙では、選挙区で最も得票数の多い候補者が当選する。ただし有効投票総数の6分の1以上の得票がないと当選人とは認められない。
     比例代表選挙では選挙区(ブロック)ごとに候補者の名簿を届け出た政党の得票数に応じて当選人数が配分され、名簿の順位に従って当選人が決まる。
     小選挙区と比例代表の重複立候補者は、小選挙区での当選が優先され、比例代表の当選人は小選挙区の当選人を除いた候補者から決められる。
     ただし小選挙区で有効投票総数の10分の1に達せず、供託金を没収された重複立候補者は比例での復活当選ができない。
     重複立候補者が2人以上おり、比例代表名簿が同順位で登載されている場合は、小選挙区での惜敗率(小選挙区における最多得票者の得票数に対する割合)が最も大きい候補者から当選人となる。=おわり
  • 衆院選あす14日投票 県内4選挙区 最後の訴えへ (2014年12月13日)

     第47回衆院選は14日、投開票される。2年間の第2次安倍政権が審判を受け、安保や経済政策の是非などが争点。四国唯一の原発立地県として、四国電力伊方原発の再稼働問題やエネルギー政策も問われている。

    ※立候補者の詳細は、「立候補者一覧」をご覧ください。
  • [衆院選・一口メモ](13)投票 (2014年12月13日)

     有権者は投票所で選挙人名簿との対照を受け、投票管理者や立会人の立ち会いの下、小選挙区選挙では候補者1人の氏名、比例代表選挙では名簿届け出政党の名称または略称をそれぞれの投票用紙に記載し、投票箱に投函(とうかん)する。
     字を知らなかったり身体の故障で自ら記載できない場合は、補助者が代筆する代理投票が認められており、目の不自由な有権者には点字投票もある。
     所定用紙を用いない投票や、候補者ではない人の氏名を記載した投票は無効。例えば、小選挙区と比例代表の投票用紙の取り違えや、他の選挙区の候補者の氏名を記載したもの。
     最高裁判所裁判官の国民審査の投票は、辞めさせた方がよいと思う裁判官の記載欄に「×」の記号を記載、辞めさせなくてもよいと思う裁判官には何も記載せずに投票箱に入れる。
     投票時間は一部を除き午前7時〜午後8時。
  • [衆院選・一口メモ](12)投票所入場券 (2014年12月12日)

     投票所入場券は、有権者に投票の日時や場所を周知するとともに、投票当日に投票所で有権者であることを確認する一つの手段として、市町の選挙管理委員会から交付される。
     投票に行くときは入場券に記載の場所、時間を確かめて入場券を持参する。投票所の場所や開閉時刻が、これまでとは変わっている場合がある。
     投票所入場券を紛失しても投票所で係員に申し出れば、選挙人名簿と照合して本人確認をした上で投票用紙を交付してもらえる。
     期日前投票のときも、既に投票所入場券が交付されていれば持参する。
  • 比例四国終盤情勢 自民伸び3 民主1か (2014年12月11日)

     衆院選で愛媛新聞社は10日、本社・支社局での取材に電話世論調査(7、8両日実施)を加味して比例四国(定数6)の終盤情勢を探った。序盤情勢から自民党が1議席を積み増し3議席をほぼ確実にしている。
  • 学生ら投票呼び掛け 愛媛大 (2014年12月11日)

    赤い法被姿で大学生に衆院選投票を呼び掛ける選挙コンシェルジュ=10日午前、松山市文京町
     14日投票の衆院選で、県と松山市の両選挙管理委員会は10日、若年層の選挙啓発のため市選管が認定した学生スタッフ「選挙コンシェルジュ」と共に、同市文京町の愛媛大で学生に投票や学内期日前投票所利用を呼び掛けた。
  • [衆院選・一口メモ](11)政見放送・経歴放送 (2014年12月11日)

     政見放送は、候補者や政党の政策や政見を知ってもらうためテレビとラジオで放送するもので、公営。
     小選挙区選挙の候補者届け出政党は、NHKおよび民間放送のテレビやラジオで、届け出た候補者数に応じた回数の政見放送を行うことができる。例えば候補者が3人の場合、NHKでテレビ2回とラジオ1回、民間放送でテレビとラジオを合わせて3回。
     比例代表選挙の名簿届け出政党はNHKでテレビは2〜8回、ラジオは1〜4回の範囲で、名簿登載者の数に応じた回数が可能。
     小選挙区では政見放送とは別にNHKで候補者の氏名や年齢、党派別、主要経歴を周知する経歴放送を行う。
  • 愛媛大・松山大 期日前投票所を開設 (2014年12月10日)

    松山大の学生会館前に期日前投票所を案内する看板を設置する選挙コンシェルジュ=9日午後2時ごろ、松山市文京町
     14日投票の衆院選で、松山市選挙管理委員会と若年層の選挙啓発を担当する市選管認定の学生スタッフ「選挙コンシェルジュ」が9日、愛媛、松山両大に期日前投票所を設営した。10〜12日の午前10時〜午後5時に愛媛1区(旧松山市地域)の有権者は学生に限らず利用できる。
  • [衆院選・一口メモ](10)街頭演説 (2014年12月10日)

     街頭演説とは、街頭や公園、空き地などで多数の人に向かって行う演説。衆院の小選挙区選挙では、候補者個人と届け出政党、比例代表選挙では名簿届け出政党が街頭演説を行える。
     午前8時から午後8時までであれば、第三者の演説も可能。小選挙区選挙では必ず県選挙管理委員会が交付した標旗を掲げて行う。
     また、道路を歩きながらの演説や走行中の車上からの演説、いわゆる流し演説は禁止されている。
     街頭演説の場所で選挙運動に従事する人は、候補者1人につき15人以内で、県選管が交付した腕章を着けていなければならない。
     政党による街頭演説は、停止している選挙運動用自動車の車上や船舶の上、その周囲でのみ認められている。この場合は標旗を掲げる必要はなく、人数制限や腕章着用の義務もない。
     名簿届け出政党は、中央選挙管理会から交付される標旗を掲げて、その場所にとどまって行うことができる。
  • 衆院選 県内情勢 自民優位 最終盤へ (2014年12月10日)

     14日投票の衆院選で愛媛新聞社は9日、本社・支社局での取材に電話世論調査(7、8両日実施)を加味し、終盤情勢を探った。県内4小選挙区では1〜3区で自民前職がリードを保ち、4区も自民前職が優位な戦い。ただ約3割超が投票先を決めていないと答え、最終盤にかけ情勢が変わる可能性もある。(敬称略)
  • 衆院選愛媛 候補者アンケート (2014年12月09日)

     2日公示の衆院選は論戦が続いている。愛媛新聞は県内4小選挙区に立候補した14人にアンケートを実施。アベノミクスや原発再稼働など五つのテーマで見解を尋ねた。2日間にわたり紹介する。

     設問は(1)アベノミクス(2)原発再稼働(3)TPP(環太平洋連携協定)(4)消費税増税(5)集団的自衛権。
     9日は、3区の一色一正氏(64)=共産新、白石徹氏(58)=自民前、白石洋一氏(51)=民主元、4区の桜内文城氏(49)=次世代前、森夏枝氏(33)=維新新、西井直人氏(57)=共産新、山本公一氏(67)=自民前(左から届け出順)の回答を掲載。
  • [衆院選・一口メモ](9)選挙運動用ポスター (2014年12月09日)

     候補者個人の選挙運動用ポスターは市町の選挙管理委員会が設置するポスター掲示場1カ所につき1枚だけ掲示でき、それ以外の場所には一切掲示できない。
     掲示場は県内で3947カ所設置されており、候補者は立候補届け出の受付番号と同じ番号の区画にポスターを掲示できる。
     ポスターは長さ42センチ、幅30センチ以内。個人演説会告知用ポスターを作成して掲示する場合は幅40センチ以内となる。
     候補者は供託物が没収される場合を除き、ポスターを一定限度額の範囲で無料で作成できる。
     表面には掲示責任者と印刷者の住所、氏名を記載。記載内容は虚偽や利害誘導など罰則に触れない限りは制限はなく、政見の宣伝や投票依頼の文言なども記載可能だ。
     候補者届け出政党、比例代表選挙の名簿届け出政党も選挙運動用ポスターを使用できる。
  • 衆院選愛媛 候補者アンケート (2014年12月08日)

     2日公示の衆院選は論戦が続いている。愛媛新聞は県内4小選挙区に立候補した14人にアンケートを実施。アベノミクスや原発再稼働など五つのテーマで見解を尋ねた。2日間にわたり紹介する。

     設問は(1)アベノミクス(2)原発再稼働(3)TPP(環太平洋連携協定)(4)消費税増税(5)集団的自衛権。
     8日は、1区の永江孝子氏(54)=民主元、塩崎恭久氏(64)=自民前、田中克彦氏(47)=共産新、2区の植木正勝氏(62)=共産新、横山博幸氏(64)=維新新、西岡新氏(41)=無所属前、村上誠一郎氏(62)=自民前(左から届け出順)の回答を掲載。
  • [衆院選・一口メモ](8)郵便などによる不在者投票 (2014年12月08日)

     郵便や信書便による不在者投票は、体に重度の障害があり、歩行が困難なため投票所に行けない有権者の投票権の行使を保障する制度。身体障害者手帳などを交付された特に重い障害のある人と、介護保険の要介護5の人のみ利用できる。
     手続きは、あらかじめ市町の選挙管理員会で証明書の交付を受け、選挙期日の4日前(10日)までに、本人の署名文書で投票用紙と封筒を請求。
     交付を受けた投票用紙に自ら記載後、内封筒・外封筒に入れて封をし、外封筒には必要事項を記載する。さらに他の封筒に入れて封をし、表面に投票が在中する旨を記載して市町選管に送付する。
     上肢や視覚に障害があり自ら記載できない人は、市町選管に届け出た人に代理記載させる方法もある。
  • [衆院選・一口メモ](7)ネットなどを利用する選挙運動 (2014年12月07日)

     誰でもホームページやブログ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、動画共有サービス、動画中継サイトなどのウェブサイトを利用した選挙運動ができる。
     選挙運動用ウェブサイトには、メールアドレスやユーザー名を表示する。選挙運動は投票日前日(13日)までに限られており、掲載された文書図画は選挙当日(14日)もそのままにしておけるが更新はできない。
     一般の有権者はメールで選挙運動をしてはいけない。ただし、SNSなどユーザー間でやりとりするメッセージ機能はウェブサイトを利用する方法に含まれるため利用できる。
     インターネットなどを利用した、事前運動や未成年者の選挙運動は禁止されている。
  • [衆院選・一口メモ](6)期日前投票 (2014年12月06日)

     投票日に有権者が投票所に行って投票するのが原則だが、当日、一定の事由で投票所に行けない見込みの人は、あらかじめ期日前投票ができる。
     例えば、仕事や親族の冠婚葬祭がある人、レジャーや買い物で投票区域外に出る人など。
     期日前投票は、公示翌日(3日)から選挙期日の前日(13日)までの間、平日はもちろん土日でも、原則午前8時半から午後8時まで、市町の選挙管理委員会が指定する期日前投票所でできる。最高裁判所裁判官の国民審査は7〜13日。
     期日前投票は有権者本人が投票用紙を直接、投票箱に投票することができる制度。
  • [衆院選・一口メモ](5)飲食物の提供の禁止 (2014年12月05日)

     選挙運動に関して飲食物を提供することは、いかなる名義であっても原則禁止される。
     「関し」とは「選挙運動に関することを動機として」という意味で、投票依頼の目的があることを要さない。
     例えば候補者が選挙運動員を慰労する目的で飲食物を提供する場合や、第三者が候補者や選挙運動員を激励するために陣中見舞いとして飲食物を届けることも禁止されている。
     選挙運動の性質上、飲食物の提供を伴いやすいので、弊害を抑制し、選挙運動費の増加を防ぐため。
     ただし、湯茶および通常用いられる程度の菓子の提供、候補者の選挙事務所で選挙運動員らに一定の制限内で弁当を提供することは許されている。
     候補者届け出政党や名簿届け出政党などの選挙事務所では、湯茶・菓子を除いて一切提供できない。