• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]
愛媛マラソン特集

愛媛マラソン経済効果 最高更新3億4492万円 2014年03月04日(火)

 いよぎん地域経済研究センター(IRC、松山市)は3日、2月9日にあった「第52回愛媛マラソン」の県内経済効果は過去最高の3億4492万円で、主催者事業費(約1億600万円)の3・25倍だったとの試算を発表した。
 昨年は7992人が出走し、経済効果の試算は3億2132万円だった。今年は出場者が過去最多の8236人に増えたことが効果を押し上げたとし、観客は沿道とスタート・ゴール会場を合わせて約19万2千人と推計した。
 IRCは「県外からのエントリーは約2千人で前年の約2倍になったが、大会前日の雪などの影響もあり、棄権者が計約千人いた。気象の悪条件がなければ効果はもっと高かった」とみている。
 効果の内訳は、主催者事業費や選手・観客の交通宿泊費、観光費などの消費額を合わせた直接効果が2億2954万円。直接効果による県内の生産活動促進で生じた間接効果は1億1538万円だった。
 IRCの菊地麻紀主任研究員は「愛媛マラソンは、インターネットサイト『ランネット』の参加者が評価する2013年の大会ランキングで1位になるなど、おもてなしへの評価は非常に高い。県外の参加者が増えればさらなる経済効果につながる」と分析している。

※この記事の全文は3月4日の愛媛新聞紙面に掲載しています。
※過去の記事を読むには愛媛新聞データベースもご利用ください。

  • インターネット写真販売
  • 愛媛マラソン写真販売ミニ特集 「FUN!らん!フォト!2014」
    • 購入方法
    • 写真特集Q&A

一覧≫

一覧を見る