• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > えひめ人 > 記事詳細
  • [PR]

海外の技術学びたい オリエンテーリングジュニア世界選手権日本代表 松尾怜治(まつお・れいじ)さん=西条市出身 2016年06月20日(月)

 地図を読み解き、チェックポイントを巡る時間を競う「オリエンテーリング」。東京大オリエンテーリングクラブに所属し、ジュニア世界選手権(7月9日〜、スイス)やアジア選手権(同27日〜、台湾)に日本代表として出場する。
 小松中学校ではバスケットボール、今治西高校では将棋をしており、オリエンテーリングを始めたのは大学から。進行方向の地形を地図からイメージして最適ルートを見つけ出し、コンパスと地図を駆使して行きたい方向に直進する技術などが求められる。知力と体力が高いバランスで要求されるスポーツの魅力に引き込まれた。
 世界選手権には30カ国から男女計約300人が出場予定。「海外の選手の速さや技術を見てきたい。どのようなトレーニングをしているかも聞ければ」。アジア選手権では上位を狙う構えを見せる。
 関東では盛んに大会が開かれているが、愛媛では競技人口が少ない。普及にも熱心で「一度やれば楽しさが分かる。ぜひ挑戦を」。文京区在住。20歳。