• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

HOME > えひめ人 > 記事詳細
  • [PR]

音色独特 人柄を映す 尺八・箏奏者 折本慶太(おりもと・けいた)さん=内子町出身 2015年09月21日(月)

 人柄をそのまま映したような上品で透明感のある響きが持ち味。「尺八も箏も独特の音色が好きで、自分に合っている」と穏やかな笑顔で語る。
 小さいころから母親の箏が家にはあったが特に音楽一家というわけでもない。もともとは外国人に日本語を教える仕事に就きたいという目標があり「日本のことを知っておきたい」と高校受験を終えてすぐ尺八を習い始めた。
 大学進学で関西に出た際、大阪にも教室を構える尺八奏者・橋本岳人山さん(松山市在住)に師事。さらに腕を磨くとともに箏にも取り組むようになった。今ではソロ活動をはじめ、和太鼓集団と共演したりクラシック系コンサートで演奏したりと活動は幅広い。
 いつも楽しんで練習し演奏する。「今まで壁に当たっても苦しいと感じたことはない」。壁の中に楽しみを見つけ、そこに集中するのだという。「苦労したことは結局、自分のためになるから」とポジティブな性格がのぞく。地元には頻繁に帰省し「内子が有名になれるようPRのお手伝いもしたい」と語る。大瀬中、大洲高出身、40歳。大阪市中央区在住。