• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

 
  • [PR]

市立宇和島病院、患者個人情報漏えい 目的外閲覧2016年01月09日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【写真】職員の懲戒処分を受け謝罪する梶原伸介院長(前列左から2人目)ら=8日午後、宇和島市御殿町
 愛媛県宇和島市御殿町の市立宇和島病院は8日、患者の電子カルテを業務目的とは関係ない理由で閲覧して個人情報を院外に漏えいさせたとして30代と40代の女性看護師を停職4カ月に、同患者のカルテを目的外閲覧したとして別の女性看護師4人を減給10分の1、1カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は2015年12月1日付。発表が遅れた理由について病院は「当該患者の公表可否やその範囲の確認などに時間を要した」とし、漏えいした情報の内容を明らかにしていない。
 病院によると、看護師6人は15年9月中旬、救急外来を受診した市内の女性患者の電子カルテを正当な理由なく閲覧。30代と40代の看護師2人が家族に患者の個人情報を口外して院外に拡散した。6人と患者は共通の知人で、漏えいした情報は第三者らを介して患者の耳にも届いた。6人は「興味本位で見た」と説明しているという。
 管理監督責任を問い、梶原伸介院長を文書注意、看護部長と看護師長を訓告、別の看護師長を口頭注意とした。石橋寛久市長は市川管理者を文書注意した。

愛媛のニュース

一覧≫

    国内・海外のニュース

    一覧≫