• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

災害時に海上輸送協定 今治・上島と漁協協議会2015年08月25日(火)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【写真】災害時の海上輸送協力協定書に押印する関係者
 愛媛県の今治市と上島町は24日、今治越智地区漁業協同組合協議会(島根亀夫会長)と災害時の海上輸送協力協定をそれぞれ結んだ。協議会は自治体から要請があれば、水や非常食、毛布などの生活物資を漁船で島しょ部に運ぶ。
 3月末現在、協議会加盟の漁協は14あり、漁船計2007隻を保有。今治市と上島町は多くの有人島を抱えており、台風や地震で瀬戸内しまなみ海道が通行止めになったり、港湾施設が壊れたりした場合、小回りが利き砂浜にも上陸できる漁船の活躍が期待される。
 24日は同市恵美須町1丁目の県漁連東予支部今治出張所で締結式があり、菅良二市長と上村俊之町長、島根会長が出席。菅市長は「南海トラフ地震がいつ起きるか分からない中で輸送協力は心強い」、上村町長は「住民がさらに安心して暮らせるようになる」と述べた。

愛媛のニュース

一覧≫

    国内・海外のニュース

    一覧≫