• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

病気平癒の念込め 西条・世田薬師できうり封じ2014年07月30日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【写真】栴檀寺の伝統行事「きうり封じ」で一心に無病息災を祈る参拝客
 土用の丑(うし)の日の29日、世田薬師の愛称で親しまれている西条市楠の栴檀寺(せんだんじ)で、キュウリに病を封じ込める夏の伝統行事「きうり封じ」があり、大勢の参拝客が病気平癒や身体健康を祈った。
 寺によると、きうり封じは江戸時代から300年余り続いているとされる。毎年夏の土用の丑の日に、病名や願いを書き込んだ札をキュウリに貼り付けて祈願すると、身代わりになって病気を引き受けてくれると伝わる。
 法要では、信者らが数千本のキュウリを前に、太鼓や錫杖(しゃくじょう)の音に合わせて経を唱和。田中誠時住職(65)と行者がキュウリを1本ずつ手に取って「えいっ」と念を込めた後、境内の塚に勢いよく投げ込んだ。

愛媛のニュース

一覧≫

    国内・海外のニュース

    一覧≫