• 東予

  • 中予

  • 南予

%はの降水確率

  • [PR]

「予告編甲子園」で松山・篠崎さん特別賞2013年11月02日(土)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【写真】「初めての映像作品で、できることを精いっぱいやった」と話す篠崎さん
 高校生を対象とした自主制作映画コンクール「映画甲子園」(実行委員会主催)内の「予告編甲子園」で、愛媛大付属高校3年の篠崎理緒さん(17)=松山市=がこのほど特別賞を受賞した。篠崎さんは「将来、どんな形でもいいので映像制作に関われたら」と夢を膨らませている。
 映画「地獄でなぜ悪い」(園子温監督)の予告編を1分半~2分の長さで、映画の設定にとらわれず自由な発想で制作するのが課題だった。8月に作品を募集、全国から34作が集まり、園監督らが審査した。
 「地獄で―」は、やくざの組長が娘を主役に映画製作し、周囲を巻き込んで暴走するエンターテインメント作品。一方、自身の経験を基にしたという篠崎さんの予告編は、毎日の生活に飽き、自己を見失っていた少女が寺山修司の本に出合って衝撃を受け、成長する様子をボクシングを使って表現している。
 篠崎さんの作品は、「地獄で―」を上映中のTOHOシネマズ新居浜(新居浜市)で、2日から本編の前に上映されている。映画甲子園のホームページでも公開している。

愛媛の経済サイトE4(いーよん)

愛媛のニュース

一覧≫

    国内・海外のニュース

    一覧≫