HOME愛媛のニュース / 2013.04.01
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
愛媛の逸品ショッピング子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!

愛媛のニュース

≫一覧

反対運動一本化、8団体「市民の会」設立 山鳥坂ダム

2013年04月01日(月)
【写真】「山鳥坂ダムはいらない市民の会」の設立集会で、同ダム計画の矛盾点を指摘する今本博健京都大名誉教授(右)=31日、大洲市東大洲
 1月に事業再開が決まった愛媛県大洲市の山鳥坂ダム建設に反対する肱川漁協など8団体は31日、同市東大洲の市総合福祉センターで集会を開き、肱川の水質改善や水害低減を目指す市民運動を一本化する「山鳥坂ダムはいらない市民の会」(代表・楠崎隆教肱川漁協組合長)を設立した。年2回程度、講演会や集会を開き、行政への要請活動をする。
 8団体はほかに長浜町漁協、大和青海苔(のり)組合と、肱川・水と緑の会など五つの市民グループ。市民の会は個人加入が原則で年会費1000円。
 31日の集会には約110人が参加。今本博健京都大名誉教授(河川工学)が講演で肱川の治水計画を分析し、山鳥坂ダムの治水効果の根拠となっている雨の降り方について「ダムの必要性が大きくなるような降雨実績を四つ選び出している。四つとも小さな洪水だった」と疑問視した。

ロード中 関連記事を取得中...
 
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。