HOME愛媛のニュース / 2013.02.07
アクリートくらぶガイドアクリートくらぶログイン
愛媛の逸品ショッピング子規の一日一句愛媛の天気Yahoo!

愛媛のニュース

≫一覧

インフルエンザ、全県「警報」続く

2013年02月07日(木)
 県感染症情報センターは6日、愛媛県内のインフルエンザ患者報告数(定点当たり)を発表した。1月28日~2月3日の週は県全体で45.3人と、前週(40.5)を上回り、大きな流行を示す「警報」(30以上)が続いている。
 保健所別では、西条が最も多く66.8。次いで、松山53.3▽宇和島50.6▽今治41.4▽中予33.0。八幡浜は24.1と、前の週(31.7)から減少したが、警報継続基準(10以上)を超えた。四国中央のみ20.4で「注意報」だった。
 簡易検査結果によると、県全体はA型が88%を占めるが、中予地区はB型が23%で、ほかの地区よりも多くなっている。

ロード中 関連記事を取得中...
 
Copyright(c) The Ehime Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
掲載している記事、写真などを許可なく転載、複製などに利用することはできません。
プライバシーポリシー著作権
愛媛新聞社のウェブサイトについてのご意見は、氏名・連絡先を明記のうえ、愛媛新聞社へ。