%はの降水確率

  • 東予

  • 中予

  • 南予

  • [PR]

冬まで平常続く見通し、気象庁/エルニーニョ監視速報2017年08月10日(木)

 気象庁は10日、エルニーニョ監視速報を発表した。現在は異常気象の原因となるエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態で、冬まで平常が続く可能性が60%程度としている。
 気象庁によると、南米ペルー沖の監視水域では、7月の海面水温は基準値に近い25・9度だった。水温は今年2~5月に高かったが、6、7月は基準値に近い値が続いており、冬にかけても基準値近くで推移するとみられる。
 基準値は過去30年の各月の平均水温で、これより高い状態が続くとエルニーニョが、低い状態が続くとラニーニャが発生するとされている。

関連記事

powered by weblio



国内・海外のニュース

一覧≫

    愛媛のニュース

    一覧≫